aa 専用サーバーと共用サーバーの違いとそのメリット・デメリット

専用サーバーと共用サーバーとの違いは何でしょうか? ここではその違いについてメリットとデメリットからみていきます。まず専用サーバーとは、 インターネット通信事業者が所有しているサーバーの一部をユーザー専用に有料で貸すことです。 利用者のサーバーとして運用するサービスのことで一般的にはサーバー一台を利用者が使えることになります。 それに対して共用サーバーとは、ウェブサイトやメールのサ-バーをレンタルすることです。 サーバー自体は管理・保守に大変な手間とコストが発生するので、 一部の専門部署のある企業以外では、サーバーを専門のホスティング会社からレンタルすることが一般的になっています。

 

さて次はメリット・デメリットについてです。まず専用サーバーのメリットといえば、比較してみて安定していることと、 ドメイン一つで使い放題であることでしょう。また高機能なウェブサイトの制作ができることからビジネス目的に適しているといえます。 そして独自のドメインが使用できることです。デメリットは共用サーバーに比べて料金が高いことでしょう。 次に共用サーバーのメリットですが、維持費がかからないことと、設定と維持に手間がかからないことでしょう。 デメリットとはホスティング会社の質が様々であることと、共有サーバーであれば品質が安定しないことがあることです。 このようにそれぞれ違いがあるため、利用者は用途に合わせて使い分けるとよいと思われます。

 

■注目サイト
サーバーの支払いはネット銀行で!ネット銀行おすすめランキング&金利比較はわかりやすい専門情報サイトです・・・ネット銀行


ページTOPへ